電報を送るタイミング

出産祝いを贈るとき、ぜひフラワー電報をおすすめしたいとお話しましたが、いったいいつ、どんなふうに贈るべきなのでしょうか。まず、一般的に出産祝いを贈るタイミングは、1週間から1か月以内くらいに済ませるのがベストです。電報は業者に依頼してやり取りをするので、生まれたという報告を聞いたらすぐに依頼するのがよいでしょう。文章もあらかじめ、なんとなくでいいので決めておくと手配がスムーズに進みます。出産後はママも赤ちゃんもゆっくり休みたいところ。電報であれば相手の邪魔になることなく送れるのもおすすめできる点です。

出産祝いはほかのお祝い以上に、タイムリーに送るのがベストです。出産はその時期だけのことですから、すぐに送ってあげるのがよいでしょう。そこでおすすめなのが、生花のフラワー電報を贈ることです。新鮮で生き生きとした花はきっと、赤ちゃんもママも元気づけてくれるはず。旬のタイミングで贈るという点でも、生花のフラワー電報は向いています。

タイミングよくフラワー電報を送れるように、事前にどんな花を贈るか、どんなメッセージを送るかなどを考えておき、計画的に用意するようにしましょう。ただし、メッセージは気持ちが大切なので、なんとなくだけ決めておき、生まれたと聞いてから具体的に考えるのももちろんおすすめです。

 

電報のマナー

出産祝いは気持ちがとっても大切です。実用的なものはもちろんのこと、一番うれしいのはひと仕事終えたことに関するねぎらいの気持ちでしょう。ママにもパパにも赤ちゃんにも、お疲れ様とおめでとうの気持ちを込めたメッセージを送りましょう。

出産祝いに電報を送る際は、特にこうしなければならないというルールがあるわけではありません。気持ちを込めることが重要になります。ただし、フラワー電報を送る際は念のために、花言葉などを気にかけておくと、よいかもしれません。また、好みにもよりますが、はではでしたものよりは、リラックスできるような花を選んであげるのがよいでしょう。フラワー電報を扱っている業者では、出産祝い用、などといったように用途別にフラワー電報を用意してくれているはずです。これらを利用すれば、問題なく電報を送れることでしょう。

出産祝いを贈るときは、ほかの人とかぶらないようにすることが重要ですが、電報であればオリジナルのメッセージを送ることになるので、そのような心配をする必要が一切ありません。今後出産祝いを考えているのであれば、ぜひ、フラワー電報を送ってみてはいかがでしょうか。あなたの気持ちが伝わるはずです。

出産のお祝いとは

まわりの知人や友人で、これから赤ちゃんが生まれるという方がいる場合、できることなら出産祝いを贈ってあげたいものです。出産祝いとは、出産をがんばったママと無事に生まれてきてくれた赤ちゃんにお祝いの気持ちを込めて渡すもの。大変な思いをして赤ちゃんを産み、また赤ちゃんも生まれてきてくれたのですから、素敵なプレゼントでお祝いしたいところです。

現在出産祝いに渡すプレゼントは、ずいぶんと種類が増えてきています。現金や商品券などの現実的で使い勝手のよいプレゼントはもちろんのこと、形に残るものをあげることもできます。ただしこれらはすべて関係性によって変わってくるもの。親しい友人であれば好みもわかっていますから形に残るものもあげやすいですが、上司であったり仕事関係の間柄であったりすると、なかなかプライベートの趣味まではわからないものです。こういうときは現金のようなわかりやすい消耗品のほうが無難といえるでしょう。

しかし、現金じゃ味気ないけれど、相手の好みがいまいちわからなくて難しいという場合も増えてくるはず。こうしたときにとってもおすすめなのが、電報を贈ることです。特にフラワー電報は花と一緒にメッセージを送ることができるので、お祝いの気持ちも込められますし、まさに出産祝いにもピッタリな贈り物になることでしょう。ここでは出産祝いのときに贈りたいフラワー電報についてご紹介します。ぜひ今後の参考にしてみてください。